ターコイズの空の下で

柳楽優弥主演、日本・モンゴル・フランス合作映画
第68回マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭
国際映画批評家連盟賞&才能賞ダブル受賞

裕福な家庭に育ち、自堕落な暮らしを送る青年(柳楽優弥)が、ひょんなことからモンゴル人の馬泥棒(アムラ・バルジンヤム)を相棒に、終戦後に生き別れとなった祖父の娘を探しにモンゴルを旅するロードムービー。柳楽優弥の初の海外合作主演映画として、大部分がモンゴルの荒野で撮影。

大企業の経営者・三郎(麿赤兒)を祖父に持ち、贅沢三昧で自堕落な暮らしを送るタケシ(柳楽優弥)。ある日、三郎の所有する競走馬を盗んだ罪で、モンゴル人の男アムラ(バルジンヤム)が逮捕される。第二次世界大戦終了時、モンゴルで捕虜生活を送った三郎には、現地の女性との間に生き別れとなった娘がいた。アムラとの出会いをきっかけに、三郎は行方の分からぬ娘を探すため、タケシをモンゴルへと送り出す。果てしなく広がるターコイズ色の空の下、言葉も通じず、価値観も異なるタケシとアムラの旅が始まった―。