NEWS

2021.03.26

北白川派の最新作『CHAIN/チェイン』11月に劇場公開決定!

京都芸術大学映画学科の学生とプロが一丸となり、劇場公開映画を作るプロジェクト【北白川派】。
井浦新出演『嵐電』、岸部一徳出演『正しく生きる』等、2009年から現在までに8作品を世に送り出し、映画祭グランプリを受賞するなどの目覚ましい活躍を続けてきた北白川派の功績が評価され、「第3回京都デジタルアミューズメントアワード 映画・映像・アニメーション部門賞」を受賞するなど話題に。

その北白川派作品の最新作となる『CHAIN/チェイン』の劇場公開が決定。
新選組終焉の象徴とも言われる「油小路の変」を背景に、激動の時代を生きた無名の人々の生き様を描く群像劇。主演は本作が映画初主演となる大人計画の上川周作。
上川は京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)在学中に『正しく生きる』(福岡芳穂監督)『赤い玉、』(高橋伴明監督)等北白川派作品に出演して演技力を磨き、卒業後に本格的な活動を開始。映画『止められるか、俺たちを』(白石和彌監督)、『劇場』(行定勲監督)、NHK連続テレビ小説『まんぷく』や大河ドラマ『西郷どん』等で注目され、若手実力派俳優として脚光を浴びている。
監督は若松プロ出身で『正しく生きる』『愛してよ』で知られる福岡芳穂。京都芸術大学映画学科教授として、北白川派の一角を担ってきた。
脚本は『あゝ荒野 前篇 後篇』『宮本から君へ』を手掛けた港岳彦。
また本作は、「5万回斬られた男」と呼ばれ数多くの時代劇で活躍、今年1月に惜しくも逝去した俳優・福本清三の最後の出演作となった。歴史的事件に関わった無名浪士たちのほとばしる情熱、激動の時代をくぐり抜けた人々の濃密な生き様を活写した、熱く激しい人間ドラマが誕生した。

このページのトップへ戻る