津田寛治

中村梅雀、津田寛治ダブル主演
信州の自然を舞台に、人間が死んでいくことの意味、最後まで生きぬくことの意味を描く

「私は肺癌なのです。」患者の名前は山中静夫(中村梅雀)。自宅がある静岡の病院からの紹介で、医師である今井(津田寛治)のいる信州の病院にやって来たのだ。紹介されてきた資料によれば、山中は腰の骨と肝臓に転移のある肺癌で、明らかに末期の状態だった。付き添う家族の負担を考え、今井は山中に今まで通り静岡の病院での治療をすすめるのだが、「どうせ死ぬんだったら生まれ育った信州の山を見ながら楽に死にたいと・・・」それが余命を宣告された山中の最期の願いだった――

原作は「ダイヤモンドダスト」「阿弥陀堂だより」などで知られ、現役の医師でもある南木佳士(なぎけいし)の「山中静夫氏の尊厳死」。監督・脚本は『しあわせになろうね』『育子からの手紙』などの村橋明郎。
主題歌を自身癌闘病の経験もある小椋佳が書きおろした。限られた人生をどう生きどう死ぬかを、未来への希望とともに描く感動の映画が完成し、撮影地長野県佐久市での先行上映が決定した。

2019年9月21日(土)より長野県(佐久アムシネマ)先行上映決定
2020年 シネスイッチ銀座ほか、全国順次公開予定

津田寛治

主演:井浦 新×出演:成田 凌
都会の吹き溜まりで出会い、裏社会から宇宙まで、ギザギザ傷だらけの男ふたりのバイオレンス・ラブ・ファンタジー

東京の片隅にある奇妙なアパートで共同生活を送る草太(そうた)と楽人(らくと)の秘密は、大麻の密売で生活していること。自堕落でそれなりに自由で楽しい日々は、楽人が思いを寄せるシングルマザーの月海(つきみ)とともに生きようと願った時、終わりを告げる。ヤクザの魔の手。どうにも抗えないシビアな運命。彼らは次第に予測不能な事態に巻き込まれていく。

主人公の草太役は、映画『光』『二十六夜待ち』など主演作の公開が続く井浦 新。楽人役は、映画『キセキ あの日のソビト』、ドラマ『コード・ブルー 3rdシ-ズン』出演など活躍がめざましい成田 凌。月海役は、女優・モデルとして活躍する映画初出演の沙羅マリー。全員がかつて見せたことがない新境地の役に挑戦している。監督は、玉木宏主演『殴者』の原作、映画『ハブと拳骨』の原案・クリエイティブディレクター・音楽、多国籍HIP HOP集団TOM YUM SAMURAIのリーダー、元板前、現アパート(本作ロケ地の大阪黒門市場の巨大アート建物「道草アパートメント」)大家という肩書を持つ異色のクリエイター・かなた狼。自身が執筆した同名小説を原作に、本作で監督デビューを飾る。