マクダル パイナップルパン王子

マクダル パイナップルパン王子

2006年3月11日公開

ストーリー

マクダルの住む街では、明るい未来のための都市再開発が進み、古い建物がどんどん壊され、マクダルの通う春田花花幼稚園も取り壊しの対象になっていた。 幼稚園の近所に住むマクダルの母親でシングルマザーのミセス・マクは、息子や自分の将来の安全確保のため、保険や金[きん]、米やちり紙を買いだめしている。

しかし、そんな彼女は新たな問題に直面していた。息子の“貧乏ゆすり”だ。マクダルの貧乏ゆすり改善に努めるミセス・マクは、今はいない夫マクビン、またの名を“パイナップルパン王子” の物語をマクダルに話し始める。

幼いパイナップルパン王子は、偶然、宮殿から飛び出して旅に出ることになってしまう。彼は何のとりえも無い王子だった。旅の途中、迷子になった王子は、そのまま平凡かつ謙虚な男性として成長する。大人になった王子はコックとなり、若き日のミセス・マク=玉蓮と恋をする。
幸せな結婚をしたはずのマクビンだったが、ある日、過去の自分に戻る事を決意し、ミセス・マクに手紙と一冊のノートを残して姿をくらましてしまう。

そんな父親の話を聞いたマクダルは・・・。 そして春田花花幼稚園の運命は・・・。 (公式HPより転載)

作品詳細

監督:トー・ユエン
声優:マクビン:アンディ・ラウ、ミセス・マク:サンドラ・ン、園長:ドクター、他いろいろ:アンソニー・ウォン
配給:マジックアワー
宣伝:マジックアワー

公式サイト

© Bliss Distribution Ltd.

このページのトップへ戻る