イングマール・ベルイマン3大傑作選 『第七の封印』デジタルリマスター版

2013年7月20日(土)より、ユーロスペースほか全国順次公開

ストーリー

北欧映画界の至宝、イングマール・ベルイマン。
20世紀最大の巨匠と呼ばれる彼の世界遺産的傑作群、
現在DVD入手困難な3作品がデジタルリマスターでスクリーンに降臨!

『第七の封印』(1956)

第10回カンヌ国際映画祭審査員特別賞

ベルイマンの熱狂的ファンとして知られるウディ・アレンが、「最も好きで、最も影響を受けた映画」と語る本作、舞台はペストが蔓延し世界の終末に怯える中世ヨーロッパ。十字軍の遠征から帰途についた騎士が、彼を追ってきた死神に自らの命を賭けたチェスの勝負を挑む。ベルイマンの名を一躍世界に広めたこの作品は、人生の意味を探る哲学的寓話とも呼べる傑作。ラストの“死の舞踏”をはじめ名場面の連続は、後世の作家たちに多大な影響を与えている。

作品詳細

監督:イングマール・ベルイマン
出演:マックス・フォン・シドー、グンナー・ビョーンストランド、ニルス・ポッペ、ビビ・アンデショーン、ベングト・エケロート、オーケ・フリデル ほか
配給:マジックアワー

公式サイト

このページのトップへ戻る