イングマール・ベルイマン3大傑作選 『処女の泉』デジタルリマスター版

2013年7月20日(土)より、ユーロスペースほか全国順次公開

ストーリー

北欧映画界の至宝、イングマール・ベルイマン。
20世紀最大の巨匠と呼ばれる彼の世界遺産的傑作群、
現在DVD入手困難な3作品がデジタルリマスターでスクリーンに降臨!

『処女の泉』(1959)

第33回アカデミー 賞 外国語映画賞
第17回ゴールデ ン・グローブ賞 外国語映画賞
1961年度キネマ旬報 外国語映画ベスト・テン第1位

アカデミー賞、ゴー ルデングローブ外国語映画賞をはじめ、数々の賞に輝くベルイマンの代表作。可憐な少女に起こった悲劇と、残された父親の痛烈な復 讐を描いた本作は、名カメラマン、スヴェン・ニクヴィスト撮影による北欧の清らかな光と影のコントラストが絶品。黒澤明監督を敬愛するベルイマンが、『羅生門』に深い感銘を受け、その強い影響のもとに本作が誕生したエピソードも手伝い、我が国では今も多くの映画ファンに愛され続けている珠玉の名作。フランソワ・トリュフォーが指摘した役者への演出の素晴らしさが見事に結実した一本。

作品詳細

監督:イングマール・ベルイマン
出演:マックス・フォン・シドー、ビルギッタ・ヴァルベルィ、ビルギッタ・ペテルソン、グンネル・リンドブロム ほか
配給:マジックアワー

公式サイト

このページのトップへ戻る